経営革新等支援機関推進協議会 ACADEMY(アカデミー)とは

経営革新等支援機関推進協議会 ACADEMY

認定支援機関である会計事務所が企業支援を行うために

必要な補助金・公的制度・金融・財務知識がイチから学べる教育機関です。

認定支援機関としての力を養成するための様々なカリキュラムがあり、

全課程を修了することで企業からの相談対応、実務支援が可能になります。

 

また、認定アドバイザーの称号を付与いたします。

選択できるコースは①補助金・公的制度コース②金融・財務コースの2つがあり、

1コース約3ヶ月間で修了いただきます。

 

経営革新等支援機関推進協議会 ACADEMY(アカデミー)の全体イメージ

入学後のコースの流れ

※3と4でカリキュラムの動画をすべて視聴してから5「テストを受講する」に進んでください。

経営革新等支援機関推進協議会 ACADEMY(アカデミー)入学規定

経営革新等支援機関推進協議会 ACADEMY(アカデミー)を受講するとこんなお悩みが解決します

補助金・公的制度コース

事業再構築補助金
ものづくり補助金
小規模事業者持続化補助金
それぞれ受講が可能です

金融・財務コース

財務の基礎知識から、財務コンサルティングの商品作成や、実際にF+prusなどの活用方法もカリキュラムにございます。

体験者の声【アイネックス税理士法人様(大阪府)】

アイネックス税理士法人 税理士 山本 高義 様

アイネックス税理士法人様は、「推進協議会ACADEMY」の前身となるプログラムコースを体験いただきました。今回は税理士の山本 高義 様にそのご感想を伺いました。

Q:アカデミーの前身となるプログラムコースを受講していかがでしたか?

A:当事務所はプログラムを6名受講しました。職員の中には財務知識がさほどない者がいたり、財務支援に必要な言葉は知っているが上手く説明できない者もいて、担当者ごとに理解度・習熟度のバラツキがありました。このコース(アカデミー)を受講することで、一定の知識レベルが保てたので受講して非常に良かったと思います。

Q:コース(アカデミー)の研修動画をご覧になっていかがでしたか?

A:丁寧な解説で分かりやすく良かったです。動画なので、一同に介して同じものを見る時間を調整しなくても各人の隙間時間で見られるので、短時間で学べて効率的でした。あと、動画は分からなければ、繰り返して見ることもできるし、移動中の隙間時間でも見ることができるので非常に良かったと思います。

Q:コース(アカデミー)には、テストがありますが、いかがでしたか?

A:テストはあって良かったと思います。このコース(アカデミー)はテスト合格によって一定のレベルに達していないと次に進めないようになっていましたので、 単に受講するだけではなく、テストがあることで理解力が増し、また担当者には 知識習得の意識が更に芽生えてくると思いました。

体験者の声【樋口貴夫税理士事務所様(東京都)】

樋口貴夫税理士事務所 税理士 樋口 貴夫 様

樋口貴夫税理士事務所様は、「推進協議会ACADEMY」の前身となるプログラムコースを 体験いただきました。今回は税理士の樋口 貴夫 様にそのご感想を伺いました。

Q:アカデミーの前身となるプログラムコースを受講していかがでしたか?

A:動画やテストで知っていることも含めて体系的に知識を吸収することができました。 実務の面ではF+prusの操作を自信を持ってできるようになり、またそれを使った提案方法を他の先生方の事例などを交えて教えていただきましたので、「これで財務コンサルができるぞ!」という風な自信がつきました。

Q:コース(アカデミー)受講後、うまくいったことをお聞かせください。

A:見込み客だったお客様に「企業財務診断報告書」のサンプルを提示して、「じぶんのポジションが分かり、さらにそれに応じた資金繰りの改善をサポートすることができます。」というふうに社長にご提案したところ、今の顧問税理士はそういったこと(務支援)をやらないので、ぜひ財務の面からサポートしてほしいと言われ、毎月5万円の財務コンサルコンサルティング契約を締結できました。社長にもたいへん喜んでいただきました。

Q:コース(アカデミー)受講して、今回収益化ができたポイントをお聞かせください。

A:これまでも自分でつくったエクセルや試算表、あとは口頭で説明して財務コンサルティングのようなことをやっていましたが、F+prusを使うことによって、出力できる帳票が非常に見やすく、また視覚的にもわかりやすいものでしたので、ひとつの商品というかたち「商品力」でご提案することができました。商品に見合った分だけの報酬ということで請求することができるようになりました。毎月5万円は最初はちょっと高いと言われるかなと思ったんですが、特にそういった話もなく、ぜひお願いしますとご快諾いただけました。

お問合せはこちら

F+prusの操作に関するご相談はお電話・個別相談フォームにて受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

052-888-3160

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。